御影の背板で土留してみました


before

after

宅地の土留工事を行うに当たって、御影石の背板を採用してみました。
背板とは、自然石を石材に加工する際に出る、いわゆる端材です。端材と言っても大きな御影石です。出てくる端材も大きいです。
今回はそれを利用し土留としました。

当初はコンクリート擁壁の土留を検討していましたが、床掘・基礎工事・型枠工事・コンクリート工事と何かと工程が多く為、結果的に費用も多くなるので、それならばと前々から気になっていた背板を使わせて頂きました。


迫力あります。
どうしても隙間が出来るので、植栽でカバー。
ゴツゴツ感が和らぎます。

コメント