Guide■庭づくりのご案内■



『お庭』っていいな~ 素敵だな~ 家にも欲しいな~って思ったけど…

画像の説明

 何から始めたらいいの?

 まずはどんな庭にしたいかイメージしてください。
ガーデニング雑誌やお庭の本を見るのも良し、こんな庭にしたいなとか、庭でこんなことがしたいなんてことを創造してみてください。
イメージがまだ固まってない状況でも、やりたいことや、困っていることなどがお聞きできれば、まずたたき台のプランを練ることが出来ます。それを見ながら「あーでもない、こーでもない」と言いながらお客様と私で理想のプランに仕上げていきます。
一番楽しいときですね。施工方法や商品など いろんなアドバイスも出来るのでいっぱい聞いてください。


 お値段は?

 やはり気になるのはお値段ですよね。

住宅建築と違って敷地面積や施工場所・施工内容によって大きく左右されるので「○万円/坪」って言えないのが現状です。

また、新築物件のお庭工事と、ガーデンリフォームでも違ってきます。
そしてもっとも左右するのが、外構工事(駐車場工事や境界のブロック塀・フェンスの工事、玄関へのアプローチ、表札・ポストの取り付けなど など)を含むのか、含まないのかです。

新築物件の場合でも、案外知らされていないのが外構工事のお値段なんです。
工務店さんやハウスメーカーの方の中に、外構工事の分かる方が居れば早い段階で外構工事の予算組みが出来るのですが、そうでない場合は「50万位あれば大丈夫」と思っておられる方が多いのが現状です。

一般的な敷地での外構工事の費用としては、敷地面積100坪内外でおおよそ100万円~300万円程必要です。上はいくらでも掛けられます。
しかし外構工事でも100万円は少々味気ないものになってしまうのが現状です。
(すべてではありません。一般的なお話です。)
新築の場合の外構工事の予算は250万くらいを目安に考えられると満足度の高いものになると思います。
(満足度も人によりけりなので、これも絶対ではありませんが…すみません。)

外構工事を含まない『お庭』工事といったら、土を入れて盛土整形し、好みに合わせて自然石を配置したり、石組みをしたりして庭の骨格をつくり、樹木を植えます。小川の流れを作ってみたり、茶庭によくある蹲(つくばい)を据えてみたり、思考、嗜好に合わせてプランし造っていきます。

その価格帯は、一般的な敷地でおよそ50万円~300万円が多いです。もちろん上限はありません。でも外構工事を含まないお庭の工事の場合は、敷地が大きくなったらといって、どんどん予算が膨らむわけではありません。石のt数や植栽プランを変更することによって予算を削減できるし、また予算に応じた空間構成も出来るので、業者により出来上がるものが全然違います。

なので、業者選定の時は おおよその金額提示を行って、プランと施工内容で比較検討することをおススメします。


 おススメの樹木ってどんなものがありますか?

 どんな庭の構成にするかにもよりますが、今は自然樹形の落葉樹を中心にした『雑木の庭』を造ることが多いので、「コナラ」「ヤマボウシ」「ヒメシャラ」「モミジ」「ソロ」「アオハダ」「ツリバナ」なんかをよく使います。
もちろん他にもたくさん植えます。いっぱい植えて林をつくります。
夏涼しく、冬あったかいお庭…気持ちいいです。